TOP
45.14score

LowKey

スポンサーKataribe

大阪なら常識、他県からすると非常識!?な3つのこと

大阪では有名な話ですが、出張に行った際に「知らなかった!」と言われたので少し紹介します。

【1】エスカレーターの乗り方
エスカレーターを立ち止まって乗る人は左、歩きたい人は右に乗るという暗黙のルールがありますよね?
しかし大阪ではこれが逆で、立ち止まって乗る人は右、歩きたい人は左に乗ります。
他県から大阪に来られる方、左に乗って立ち止まっていると舌打ちされる場合があるので、頭の片隅に置いておくと便利かもしれません。
ただ、本来エスカレーターは真ん中に立ち止まって乗るものなので、別に舌打ちされたとしても堂々としていていいんですけどね…。

【2】モータープールという特殊な言葉
最近では随分と少なくなりましたが、大阪ではコインパーキングの名称に「モータープール」という言葉が使われている場合があります。
モータープールとは本来、車の在庫置場のことを指す言葉らしいのですが、「モータープール=駐車場」という間違った常識が大阪では広まってしまったんだそう。
紛らわしいですよね?
大阪で駐車場を探す際は、「モータープール」と書かれている場所も候補に探してみてください。

【3】肉まんと豚まん
大阪では「肉」は牛肉を指すので、「肉まん」とは言いません。
逆に東京では「豚まん」という呼び名が一般的ではないらしいですね。
今ではすっかり全国区になった「5◯1」でも昔は「豚まん」とのみ表記していた記憶があるのですが、今では「豚まん・肉まん」と表記しており、大阪人である私は驚きました。
「牛肉と豚肉、2種類あんの!?」と。

【番外編】「大阪の味=薄い」は間違っている
このKataribeのお題分にも、

“某有名なうどんのカップ麺は関東は濃いめ、関西は薄めの味付けになっていることは有名なお話です”

とありますが、間違っています!!
大阪の出汁は薄くありません。
むしろしっかりと濃いめの味です。
しかし関東の出汁のように醤油が強くないことからこの誤解を生んでいるのかもしれませんが、関西では醤油で主張するのではなく、鰹節や煮干、イリコ等と昆布をしっかりと効かせて旨みを引き出しています。
某有名なうどんのカップ麺もそう。
あの味を薄いと感じるのであれば、私はその人の舌を疑います。

余談ですが、以前東京のあるラーメン屋(かなり有名なお店です)に行った際、店主から「関西の人でしょ?スープは薄めにしておきました。」と言われ、作り直してもらったことがあります。
濃いのが好きな関西人だって沢山いるし(むしろそっちの方が多いでしょう)、薄くすりゃいいってもんじゃないでしょ…

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2017-01-23 20:29

コメント (0)